台湾屈指の景勝地・南投県の杉林渓という標高1,400m~1,800mを超える高山で栽培されている高山茶の代表格です。
杉林渓茶区の周辺は森林や山々に囲まれているため、土壌は肥えていて茶葉がよくできやすい環境です。
高山地域であるため日較差や昼と夜の温度差が激しく、濃霧や雨の量も多いという厳しい条件のもとで生育するので、雑味のない良質な茶葉が出来上がります。
また収穫される時期が春と冬の2回のみと収穫量が限られるため、希少価値の高い高級烏龍茶として地元の台湾でも人気があります。
お茶の色は透明感ある青桃色で苦みを抑えた深い味わいとさわやかな甘みが楽しめます。

 

読み:さんりんしー(さんりんけい) うーろんちゃ
産地:南投県杉林渓茶区
発酵度:中発酵(20~30%程度)

ソムリエールによる杉林溪烏龍茶の評価

黄金色。香りはやさしく繊細で、ほんのり竹やハーブの清涼感も感じられる。上品な甘みと旨味が余韻に長く残る。

香り3点 旨味4点 苦味/渋み1点 ボディ1点 甘み4点