世界でも最も高い標高2,800メートルの山間部・台中市大禹嶺茶区で栽培されている高山茶の最高峰です。
原生林が90%以上の高所の森林地帯で、昼と夜の温度差が激しく、日照時間が短いため通常、光合成によって失われてしまう旨みがたっぷりと含まれています。

またお茶の成長が遅いため多くの栄養成分やコク・風味が、ギュッと凝縮された良質な茶葉になります。
2015年に茶園の大部分が伐採されてしまった為、採れる量が激減し、台湾でもごく限られた層の人たちしか購入できないという、幻の銘茶です。
お茶の色は翠緑色で、何度淹れても濃厚でまろやかな味わいとフルーツのような甘い風味が変わらずに、楽しめます。

 

読み:だいうりょう(だいうりん) うーろんちゃ
産地:台中市大禹嶺茶区
発酵度:中発酵(20~30%程度)

ソムリエールによる大禹嶺烏龍茶の評価

黄金色。くちなしやスズランを思わせる清楚な白いお花の香りと、かすかにレモンピールニュアンスがある。澄み渡る清らかさと、それを支える深い旨味のバランスに脱帽。いつまでも味わっていたい、長く美しい余韻。

香り4点 旨味5点 苦味/渋み1点 ボディ2点 甘み4点