台湾を代表する「台湾四大銘茶」と呼ばれる茶葉の1種で、台北市文山区木柵で生産されている中発酵(30~50%程度)の名茶です。
昔ながらの高発酵・重焙煎の鉄観音製法で、手間と時間をたっぷりとかけた伝統的なお茶です。
近年では生産する茶農家さんが減ってしまい貴重な台湾茶の1つとなっています。
お茶の色合いは黄金色で、日本のほうじ茶に似た芳醇な味わいです。
香りは蜜や柑橘系のような甘い香りが漂います。

比較的に烏龍茶特有のポリフェノールが最も多く含まれていることから、ダイエット効果としても人気が高い烏龍茶です。

 

産地:台北市文山区木柵
発酵度:中発酵(30~50%程度)

ソムリエールによる木柵鐵觀音茶の評価

明るい琥珀色。香りは豊かで、ドライアプリコットやポプリを思わせる、落ち着いた甘やかな香り。木や土、焙煎されたニュアンスも見つかる。ふくよかな味わいで後味のキレが良い。脂が乗った魚の焼き物や炒め物は、特によく合いそう。

香り4点 旨味3点 苦味/渋み2点 ボディ2点 甘み4点