1980年頃に台湾で烏龍種(台茶12号という茶樹)から改良されて作られた新品種の茶葉です。
台湾を代表する高山茶の名産地・嘉義県阿里山茶区で生産されています。
中発酵(20~30%程度)の金萱茶は金色のお茶で味わいは玉露にも似たさっぱりとした味わいと、ココナツやバニラのような甘い香りが楽しめる烏龍茶です。
特にマイルドな甘い香りは、女性からの人気が高いです。

 

産地:嘉義県阿里山茶区
発酵度:中発酵(20~30%程度)

ソムリエールによる金萱茶の評価

明るい琥珀色。ほんのりミルクの甘い香りと、フレッシュハーブの爽やかさがある。なめらか、軽やかな味わい。

香り3点 旨味3点 苦味/渋み1点 ボディ1点 甘み3点