台湾茶を通常のティーボトルにいれて持ち運びをする場合
茶葉をボトルに入れてお水やお湯を注ぎます。
そのまま入れたままにするとお茶がドンドン濃くなります。
このティーボトルは茶葉を入れるストレーナーと
本体の間に弁があってそれが開閉出来るんです。
その弁の開閉によって濃さの調整が可能になりました。